質屋とは?

質屋とは?
質入れと買取の違い・利息の計算方法の種類を紹介

質屋は品物を預けてお金を借りるサービスですが、買い取ってもらうのと比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。また、返済時にかかる利息の計算方法も紹介していきます。大阪市にあるマルミシチホの利息が他店に比べてどこが違うかご理解いただけると思います。質屋がどんな方に合ったサービスなのか紹介しているので、興味のある方は参考にしてください。

質屋について

質入れと買取の違い
メリット デメリット
質入れ 返済すれば品物が帰ってくる 査定額が低い
買取 査定額が高い 品物は帰ってこない

お金が必要だけど大事な品なので売りたくない場合は、質入れすれば査定額は低くなりますが返済が終われば品物は帰ってきます。
もう使わない品物なら買い取ってもらった方がよりお金が工面できます。ただし品物は帰ってきません。
質入れするのか、買い取ってもらうかはメリット・デメリットを踏まえ、戻すことを優先したいのか、お金を優先したいのかしっかり考えたうえで決めましょう。

どんな品物が預けられるのか

どんな品物が預けられるのか

質屋で預けられるものは査定した際に、しっかり値がつくものです。代表的なものを挙げれば金やプラチナなどの貴金属、高級なブランドバックやジュエリー類、時計など。金やプラチナなどの貴金属は1.0gから値をつけてもらえるだけでなく、査定額が落ちづらい品物でもあります。逆にバッグなどは使用感や傷み具合によって査定額が大幅に減らされたり、古いモデルだと新しいモデルに比べて値段が下がることもあります。車や生き物、土地の権利証といった類のものは質草として認められないので気をつけましょう。

質入れする場合の利息の仕組み

10日間借りるのに、10日分の利息を支払うか、1カ月分の利息を支払うのか、どちらがお得でしょうか

質屋での返済には利息が発生しますが、カードローンや消費者金融といった貸金業者ではないため、対応する法律も違います。上限金利は月9%、年108%と貸金業者の利息と比べると高いですが、近年では独自に利息を下げている店舗も増えてきております。そして質屋の利息の計算方法には、カードローンなどで用いられる「日割り計算」の他に「暦月計算」と「満月計算」が認められています。満月計算とは今月○日に借りたら、来月○日までが1ヶ月という計算です。月初に借りても月末に借りても大差ありません。それに比べ「暦月計算」は、月が変わると1ヶ月としてカウントされます。月初に借りれば約30日が1ヶ月としてカウントされますが、月末に借りると月が変わった瞬間に2ヶ月として計算されるのです。

日割り計算 借りた日数に対して利息を計算する方法。借りた日数×1日当たりの金利が返済金利となります。一般的な銀行などの金利計算にも用いられています。
※マルミシチホではこの計算方法を採用しています。
満月計算 借りた月数に対して利息を計算する方法。借りた月数は翌月同日を持って1ヶ月としてカウントされます。借りた月数×月利が返済金利になります。
暦月計算 借りた月数に対して利息を計算する方法。月をまたぐと1ヶ月として計算されます。月末最終日に借りると翌日には2ヶ月となります。借りた月数×月利が返済金利になります。
日割り計算がお得な理由

マルミシチホでは日割り計算を採用していますが、なぜ日割り計算が満月計算や暦月計算に比べてお得なのか具体的に説明していきます。

  • 3万円未満月8%の満月計算 ※15日以内の返済は質料半額
  • 3万円以上~6万円未満月6%の日割り計算
  • 6万円以上月3%の日割り計算

たとえば、10万円を4月の26日に借り入れ、5月5日に返済したときの利息を、それぞれの計算方法で月利3%として考えてみましょう。月の利息は3,000円となるので、日割り計算だと1日の利息は100円となり、10日で返済しているので、100円×10日=1,000円の利息となります。満月計算の場合は1ヶ月の計算になるので、利息は3,000円です。暦月計算の場合は2ヶ月の計算になるので、6,000円になります。同じ月利、日数でも計算方法によってこんなに利息が変わることを理解いただけるでしょうか。

日割り計算がお得な理由

こんな人に質屋を利用してほしい

ブランド品や高級時計などを高値で処分したい人

ブランド品や高級時計などを高値で処分したい人

質屋は質入れだけではなく、同時に買取も行っているケースも多くあります。ブランド品などを高く買取して欲しい方は、質屋で買取を行ってもらいましょう。もちろん質屋以外でも買取を行う専門業者もいたり、個人売買する方法もあったり選択肢はいろいろありますので、そのなかから最も高値のつく方法を選ぶのがベストです。

業種などによって、買取に強みのある商品は異なりますが、質屋の特徴を挙げるとブランド品・高級時計・貴金属・ダイヤといった高価格帯の商品に強みがあります。処分することが決まっているのであれば、質入れを検討するまでもなく買取してもらうのがよいでしょう。

お金がいますぐ必要な人

お金がいますぐ必要な人

質屋の利息は銀行や消費者金融よりも高い場合が多いので、お金がほしいと思った時に真っ先に訪問することはおすすめしません。しかし、それらの金融機関で既に借り入れできない状態で、かつ早急にお金が必要な方は質屋を利用するのも一つの方法でしょう。

質屋では品物を担保にしてお金を貸してくれるので、他で借り入れをしていてもお金を借りられます。しかし、期限内に返済する自信がなければ、質入れするよりも買取してもらったほうが査定額は高くなります。どうしても品物が必要なもので、返済期限内にお金を工面できるようであれば質入れしてみましょう。